本文へスキップ

自分の手で検査場へマイカーを持ち込んでユーザー車検を受けてみましょう。

検査に不合格

不合格だったらどうする?

検査に不合格 写真

自信を持って持ち込んだにも関わらず不合格との通知がきたらあせってしまいます。 これじゃダメかもしれないな、と諦めムードで検査を受けたのならショックも少ない でしょうが、わざわざ再検査が必要になるならその手間が惜しいので、先手を打って 予備検査で車検に合格できるような整備をするでしょう。 なので車検に出される自動車はかなりの割合で自信を持って検査を受けているはずで、 不合格になったら驚いたり慌てたりと大忙しの反応も無理からぬことです。 とりあえず冷静さを取り戻したら、落ち着いて車検の続きへ取り掛かりましょう。 どこに問題があり不合格になったのかを確認して、その点を直して再検を受けて合格 を今度こそ手に入れるのです。 当日すぐに直せるのなら追加で検査料金も発生しないので、時間内になんとかなる程度 の不具合であることを祈りつつ、問題のあった箇所を確認です。 すぐには直せそうもない、時間がなくて翌日以降でなければもう一度検査を受ける時間 を作れないというのであれば検査料が発生します。 それでも度肝を抜かれるような金額ではないので(普通車で1,500円)当日じゃ 難しいと判断したら翌日以降に改めて検査を受ける方向でスケジュールを調整しても、 金銭的なダメージはそれほどないので安心しましょう。 万全の状態で車検を受けなかった自分が悪かったと素直に認めて、これからはユーザー 車検を受ける前にひっかかりそうな検査項目があれば調整をしたり部品交換をしてから 望まなければと心に誓い、再検査料は勉強代だと思ってください。 とにかく慌てないで冷静に、そして反省をして次のステップへと進むのです。



再検の手順

不合格になった原因の箇所を当日直せるのならその日のうちに再検となります。 自分で直せるのならそのまま直してもオッケーですし、光軸の調整などなら車検場の 近辺にある予備車検場で見てもらえば直してもらえるでしょう。 直してもらうのはもちろん無料とはいきませんが、その出費は当然のものなので 文句を言わずに支払わなければなりません。 「ちょっと調整してもらうだけなのにお金を取るなんて酷い」と泣きそうになる人も 1,000人に1人位はいると聞いたような気がしますが、予備車検場はそうした 利用者から報酬を得ることで成り立っているのですし、正当な取り分でしょう。 お金を払いたくなければ自分で自動車整備の知識を全て身につけて工具も一式揃えて、 人に頼まなくても自力で全部解決できるだけの能力を持てばいいのです。 それが嫌なら他人に整備を依頼して、対価に報酬の金銭を支払いましょう。 とにかくこの時点では当日すぐにでも再検を受けることを第一に考えて行動です。 問題点を改善したら再び検査ラインへと華麗に舞い戻り、前回不合格だった箇所のみ 今度は自信に満ち溢れた表情で再検査を受けましょう。 よっぽど手抜きをしたり何も手を加えないまま再検査を受けるような愚かな真似を していない限り、きちんと直しているのであれば合格になるのはほぼ確実です。 指摘された部分が直せないようではお手上げですし、ユーザー車検を利用する人なら 滞りなくこなせるはずです。 本気で挑んだ結果再検で不合格になるケースはまずないでしょうから、実質最後の 検査となるこの関門まで当日内に到達することが目標になるでしょう。


PR 車検を名古屋で「車検のコバック天白八事店」
http://kobac-tenpaku01.nagoya/
〒468-0066?愛知県名古屋市天白区元八事4-314
店舗直通:0037-6001-4577(通話料無料)

後日再検を受ける場合

頑張っても当日内になんとか再検を受ける段取りが組めそうも無い場合は、残念ながら 後日日を改めて合格を目指すことになります。 車検に不合格中なので本来なら公道を走行するのは不適切なのですが、それでは あまりに不便なので限定自動車検査証という書類で救済してもらいます。 一旦自宅のマンションあるいは一軒家へと車を運転して帰り、インターネットの力を 借りて自分で整備をするか自動車の整備工場へ持ち込んで検査に合格するように調整 してもらうのが通常ルートになるでしょう。 自動車の工場ならどこでもいいかな、とよくわからないまま自動車メーカーの製造工場 へ持ち込もうとする人もいそうですが、そこは自動車の製造をするための工場であり 調子の悪い自動車のメンテナンスを行ってはいませんのでお門違いになります。 その自動車を購入したディーラーや中古車を販売しているカーショップに相談しても いいですし、電話帳で整備工場を探してもいくつか近所にみつかるでしょう。 そこで今現在自分が置かれた状況を簡潔に説明して車検場で渡された書類を見せれば、 あなたが何を求めているのか瞬時に理解してくれると思われます。 あとはプロに任せて整備が完了するのを待ちましょう。 惚れ惚れする仕上がりに満足げに頷いたら代金を支払い期限内に再び車検場へと車を 走らせるのですが、今回は予約をする必要はありませんのでなにものにも縛られる ことなく好きな日に伺えばオッケーです。 受付をして該当部分だけ再検査をして、今度こそ合格するでしょう。



バナースペース